小児歯科
PEDIATRIC DENTISTRY

小児歯科

子供の歯には役目がいっぱい。乳歯の時から大切な働きを守ってあげる必要があります。特に小児歯科では治療が初めてのお子様にはすぐに治療はせず、ブラッシングやフッ素のみで慣れることが大切です。
序々にステップアップして治療をすることができれば2~3本ずつ治療していくことをお勧めします。

当院では、小さいですがキッズスペースを設けております

年齢別の治療内容について

1.5歳児~3歳児

1.5歳児検診と3歳児検診に行きますが、検診だけでも泣いて受けることが出来ない子もいます。 たかの歯科クリニックでは押さえながらの治療は好みません。 歯を削るような治療は難しいのでこの時期は1.5歳からフッ素や歯科医院に慣れてもらう事が重要です。まずは歯ブラシの習慣づけから行いましょう。

4~5歳

この時期は治療が出来る子供と出来ない子供に分かれます。 やはり大人でも痛い治療は嫌なので、始めは子供に無理に治療はしません。 虫歯になりやすい所は、上の前歯の間と奥歯の歯と歯の間です。 ここを注意して虫歯予防しましょう。 フッ素・キシリトール・フロス(歯間ブラシ)・シーラントが有効です。 どうしても出来てしまった虫歯は様々な趣向を凝らしながら痛くないよう細心の注意を払って治療します。 (子供の治療は得意ですが、どうしても治療をさせてもらえなかったお子さんが過去に2人だけいました。その子は6~7歳になって治療が出来るようになりました。)

6~7歳

このころになるとかなり治療は出来ます。 まず下の前歯の生え変わり、6歳臼歯(奥の4本)が生えてきます。 生えてきたばかりの永久歯は虫歯になりやすいので、フッ素やキシリトールタブレット・キシリトールガムが有効です。 なってしまった虫歯は早めに治療しましょう。

8~12歳

12歳までにはすべての歯が生え変わりますので、矯正の必要性がある場合は12歳くらいまでに終わるようにしましょう。 歯科医院で一度チェックしてもらいましょう。 この時期に顔の成長、骨の成長、顎の成長は歯並びや咬み合わせ、咬む力に影響してくるのでよく咬むように心がけましょう。 当院では床装置の入れ歯をすすめています。


診療科目

一般歯科・小児歯科・歯周病治療・審美歯科・矯正歯科・ホワイトニング・インプラント・噛み合わせ治療・口腔外科

所在地

福岡県福岡市博多区美野島2-4-6-2F MrMax様よこ

診療時間
9:00~13:00
14:30~19:00 ×
【休診日】土曜午後・日曜・祝日