福岡市博多区歯科・歯医者 矯正インプラントのことなら"たかの歯科"にご相談ください。

歯周病・インプラント研究所 たかの歯科クリニック

Q&A

よくあるご質問

Q 床矯正の治療の開始時期はいつ頃がいいですか?
矯正の治療は可能であれば5〜6歳からでもはじめられます。
早期に治療を開始すれば費用や時間を節約できます。
一番のメリットは歯を抜かなくて矯正ができるということです。
Q インプラントはどのくらい持つものでしょうか?
インプラントはきちんと歯のお手入れをしていれば、天然歯と同様半永久的に持つと言われています。但し、歯ぎしりのひどい方や食いしばりのきつい方の場合はインプラントの周りの骨が溶けて駄目になるケースもあります。
また、歯周病に罹患されている方の場合は歯周病の治療をまず行わない限り、インプラントを埋め込んだとしても長持ちしません。
Q なぜ虫歯になるのでしょうか?
虫歯の原因となるミュータンス菌は、糖分を分解して歯を溶かす酸を作るので、歯の表面が溶けて虫歯になります。
Q クリーニングとホワイトニングはどう違いますか?
クリーニングは歯の表面についた色素(ステイン)を取り除き、歯本来の色に戻します。
ホワイトニングは自分本来の色より更に白くしたいときに行います。
Q ホワイトニングは安全なの?
ホワイトニング治療

ホワイトニングをしてるところです。1回で白くします。当院ではオフィスホワ イトニングを進めてます。
1回 \15000です。

当院で使用しているホワイトニング材は、厚生労働省が安全性を確認し認可 している製品ですので安全です。また白くなるのは歯が溶けるのではなく、歯に付着している蛋白汚れを分解し除 去しているからです。

おもしろ話

ホワイトニング材の開発は、もともと歯肉や口腔内粘膜に投与する 歯周病菌の殺菌薬として開発していたものです。 その薬剤により歯が白くなったことから開発された背景があります。


Q 歯ぎしりがひどいのですが・・
ストレスや歯並びが原因と考えられていますが、子供の歯ぎしり・くいしばりはよくあることで、それほど心配する必要はありません。歯がすり減ってしまうほどひどい場合には、マウスガードをはめて寝るなどの対処法があります。
Q 前歯が欠けてしまったのですがどういった治療法がありますか?
欠けた物の大きさによります。小さい場合は、充填といって、白い材料を欠けた部分に、“つめる”ことによって修復できます。神経まで到達するものや、大きいものは、この充填という治療では力学的に無理です。噛む力に耐えられないのです。白い歯をかぶせたり、差し歯にしたりする必要がでてきます。
Q 親不知を抜かず生えたままです。痛みはありませんが抜いたほうがいいのでしょうか。

親知らず治療
親知らず治療

親知らずとは、第3大臼歯のことで18〜30歳くらいになって生えてきます。 親知らずまでまっすぐ生えている人はほんのわずかです。 親知らずには様々な問題点があるために抜いてしまったほうが良い場合がほとんどです。 親知らずを抜くと、もの凄く痛い!というイメージがありますが 特に上顎の親知らずは痛みもなく10秒くらいで簡単に抜けます。 親知らずを大切に残しておいたばかりに、手前の歯まで抜かなくてはならなくなってしまうというケースを多く見かけます。 親知らずを抜いて、第2大臼歯までの歯をきちんと残していった方が将来的に歯を残すことになりことでしょう。

親知らずの周りが繰り返し腫れる
物が詰まり虫歯になりやすい、虫歯が大きい
親知らずの前の歯(第2第臼歯)が
虫歯になりやすい
歯並び、かみ合わせが悪くなりやすい
(顎関節症などを引き起こす)
片方しか生えていない
歯ブラシが届きにくい

Q 最近つわりがひどくて歯磨きができません。

妊娠中のガイドブック

妊娠中はつわりや食事の回数が増え、お口の中が汚れやすくなっています。、そのため虫歯だけでなく妊娠中に歯肉炎にかかってしまう方も多いのです。そんな時は無理をせず、市販の洗口液でうがいをするなどしてお口を清潔に保つことが大切です。


Q 駐車場はありますか?

指定駐車場が変更しました。当院の二軒となりのオリエントビルのタイムパーク(グレーの建物)に駐車して下さい。会計時にお伝え頂ければ料金をお支払いたします。


Q たかの歯科の場所について詳しく教えてほしいのですが?

美野島交差点近く、向い側にはモスバーガー、当院の下にはローソンがございます。
Q インプラントの素材は何ですか?
インプラントは、体の中で非常に安定した素材であるチタンでできており、骨とのなじみをさらに良くするために表面処理が施されています。チタンは人工関節など、さまざまな分野で使用され、生体親和性の高い材料として世界で認められています。
Q インプラント治療を誰でも受けることができますか?
インプラント治療の年齢に上限はありません。骨の成長がほぼ終了する16歳くらいから治療を受けることができます。ただし、心臓病や糖尿病などの疾患がある方や、妊婦の方などは受けられない場合もあります。また、あごの骨の状態によっても受けられない時があります。いずれの場合も歯科医師によくご相談ください。
Q インプラントの手術は痛いのでしょうか? また時間はどのくらいかかりますか?
手術は通常局所麻酔下で行われますので、手術中はほとんど痛みはありません。手術時間は30〜120分程度です。
Q 治療費はどのくらいかかるのでしょうか? また保険は適応されますか?
インプラントの治療費は、本数、種類、被せ物の種類によって異なります。詳しくは当歯科医院の歯科医師やスタッフにご相談ください。現在のところ、インプラント治療に関して保険適用はされていません。自費扱いとなっていますが、医療控除の対象になっています。
Q インプラントはどのくらいもちますか? また、手入れはどうすればよいでしょうか?
20年を超える症例も多数報告されています。長持ちをさせるには、定期的な通院と十分な手入れをすることが重要。ブラッシングはもちろん、歯肉の健康状態や正しい噛み合わせのチェックをするため、半年に1度は定期検診を受けてください。

▲このページの一番上へ