福岡市博多区歯科・歯医者 矯正インプラントのことなら"たかの歯科"にご相談ください。

歯周病・インプラント研究所 たかの歯科クリニック

インプラント

インプラントとは?インプラント治療の流れ当院のインプラントの価格インプラント治療期間の短縮
インプラントコストの削減インプラントのメリットインプラント治療期間の短縮

インプラントとは?

インプラント治療とは「入れ歯」や「ブリッジ」あるいは「差し歯」に代わる治療法として開発された、新しい治療法です。歯が抜けた時、抜けた歯の代わりに、自然の歯に近い人工の歯を、入れることをインプラントといいます。 これによって自然に近い、より美しい歯を取り戻し、おいしく食べることができます。さらに、健康と美容のためにも、インプラント治療を考えてみましょう。

ブリッジ
入れ歯
インプラント
●補綴物(被せる人工の歯)を選べば審美性は良好
●自分の歯と比べ、食感や味覚はあまり差がない
●一般的な治療の為、比較的簡単に治療が受けられる
●取り外しができる為、自分では歯磨きが困難な方には衛生的
●自然な歯並びになり、口元が美しくなる
●食べ物を選ぶことなく、おいしく食べることができる
●自分の歯に近い感覚で、噛む事ができる
●噛む機能が回復でき元気になる
●健康な歯を削ることなく、治療することができる
●1ピースであれば治療から通常約1ヶ月で、噛めるようになる

▲このページの一番上へ

インプラント治療の流れ

STEP@ カウンセリング

初診の時にお口全体の検査をさせていただき、インプラントについて詳しくご説明いたします。患者さんのインプラントに対する期待やご要望を採り入れながら治療方法を提示させていただきます。

STEPA インプラント見積

インプラントの本数や顎の状態により、見積を作成し文書で提示します。

STEPB CT・ステント歯の模型作製

CTやステントを作製することにより、インプラントの長さ・大きさ・どの部分に埋入するか決めます。レントゲン・CT・ステントにより安心安全なインプラント埋入が可能となります。

STEPC インプラント手術

治療計画を立てた後、患者さんにその内容を説明し理解を得た後にインプラントの埋入手術を行います。治療の際には、脈拍・血圧を測り、健康状態を把握した後に表面麻酔をし局部麻酔を行い痛みを和らげ治療を行います。治療後は、仮の歯を付けてインプラントが定着するのを待ちます。又、術後に鎮痛剤をお渡しします。その後は痛みを感じることは殆どありません。
術後、あごの骨にしっかりと結合するまで2ヶ月〜3ヶ月ほど待ちます。
その後、ヘッド部を歯肉の上に露出させる2次手術をする場合もあります。
手術時間は今までの患者の例では、1〜2本30分、3〜4本1時間ぐらいで終了します。手術翌日はインプラントの消毒・洗浄、1週間後に抜歯となります。インプラントの状態がよければ2ヶ月後には型をとり取付けとなります。

STEPD セラミック歯(人工歯)の作製

2〜3ヶ月後にハイブリット歯、又は新しい歯となる部分(補綴物)を土台に被せます。歯になる部分の材質は天然の歯に近い色や硬さのハイブリットやセラミック、金属(白金等)のものなどあります。歯を被せた後全体のバランスや歯の色の調整などが必要な場合は調整を行い、治療は終了します。

STEPE 定期健診

インプラントの治療が終わった後、定期的に検診を受け、普段落としきれない汚れやインプラントの状態を歯科医院でチェックしてもらうことが、インプラントを長持ちさせる秘訣です。インプラントも通常の歯と同様に口の中にあ りますので、「人工のものだから何もしないで構わない」訳ではありません。ケアを怠ってインプラントまで再度失ってしまう事のないように大切にケアしてあげましょう。

▲このページの一番上へ

当院のインプラントの価格

「コストは本体1本17万と上部構造と合わせても21万とコストは他院と比べても、本数が多くなるにつれコストパフォーマンスが与えられます。 コストの低価格の理由としては、インプラントがシンプルでパーツやツールが少ないインプラントなので、患者さんへ安価にご提供が出来ました。 治療期間も短く安心・安価なインプラントといえるでしょう。

▲このページの一番上へ

インプラント治療期間の短縮

インプラント植立時の初期固定、補綴までの期間、また予後の経過などはインプラント治療における根幹部分です。歯根部の再結晶化HAコーティングによる早期の骨結合、支台部の表面研磨と歯肉接着生体高親和性処理による歯肉との高い生体親和性の実現は、補綴物装着までの期間を大幅に短縮、早期に安定した咬合回復が可能です。また、AQB1ピースタイプはオペが1回で完了するため、2回法に比べ治療期間のみならず、患者さんの精神的な負担も軽減します。

詳しくはこちら>>>http://www.aqb.jp

▲このページの一番上へ

インプラントコストの削減


 シンプルな形状・術式で、パーツやツールの少ないAQBだからこそ導入費用やランニングコストを抑えることが可能。 患者さんへも安価なご提供が可能です。治療期間も短く、歯科医院の資金流動性にも貢献します。

詳しくはこちら>>>http://www.aqb.jp

▲このページの一番上へ

インプラントのメリット

1本か数本、あるいはすべての歯を失った場合にも、インプラントは永久的に新しい歯を得る方法として有効です。 また、インプラントで支えられた歯は従来の補綴物と違って以下のような利点があります。 「何故インプラント治療がよいのか?」「従来の入れ歯やブリッジ(歯と歯に橋をかける治療方法)でもいいじゃないか」と言う人がいますが大きな間違いです。インプラント治療が可能であれば、現在の歯科治療のレベルでは(コストを考えなければ)最善の方法なのです。
その一番の理由は、他の方法では失われた歯根までは回復できないためです。どんなに良く出来た入れ歯でも元々の天然歯の噛み合わせる力の3分の1程度でしかありません。インプラントなら骨に埋まったインプラントが骨としっかり結合しているので、噛む力も天然歯と比べて遜色がありません。

▲このページの一番上へ

インプラント治療期間の短縮(AQBインプラントシステム)

インプラント植立時の初期固定、補綴までの期間、また予後の経過などはインプラント治療における根幹部分です。歯根部の再結晶化HAコーティングによる早期の骨結合、支台部の表面研磨と歯肉接着生体高親和性処理による歯肉との高い生体親和性の実現は、補綴物装着までの期間を大幅に短縮、早期に安定した咬合回復が可能です。また、AQB1ピースタイプはオペが1回で完了するため、2回法に比べ治療期間のみならず、患者さんの精神的な負担も軽減します。

▲このページの一番上へ

インプラントとは?インプラント治療の流れ当院のインプラントの価格インプラント治療期間の短縮
インプラントコストの削減インプラントのメリットインプラント治療期間の短縮